2017_07
15
(Sat)17:30

【書名】 優しい幽霊たちの遁走曲
【著者】 太田忠司
【装幀】 西村弘美、緒方修一
【イラスト】 山田緑
【出版社】 東京創元社(創元クライム・クラブ)
【発売日】 2017年3月10日
【価格】 1700円+税
【頁数】 310頁
【ジャンル】 オカルト、奇談、ミステリ
【概要】 ソフトカバー

【コメント】
「ミステリーズ!」(vol.71~vol.77)に連載された全8篇からなるオカルトチックな奇談に僅かばかりのミステリな味付けを施した連作長篇。
売れないホラー作家の津久田舞々38歳は仕事で訪れた辺鄙な町古賀音にて次々と奇怪な出来事に遭遇することに……と云った内容。ホラー系が苦手な方でも読み切れると思います。
伏女を初めとした濃いキャラクターが登場するも、物語の中心は津久田舞々の為、頁数の都合もあるのか、期待していた程活躍が描かれなかった点は残念でしたが、サクッと読み終えられる一冊です。

【目次】

津久田舞々はいつでも眠い
津久田舞々は裸足で逃げる
津久田舞々は扉を開ける
津久田舞々は夜汽車に乗る
津久田舞々は活字を拾う
津久田舞々は山に登る
津久田舞々は舞台に上がる
津久田舞々はやっぱり眠い


優しい幽霊たちの遁走曲 (創元クライム・クラブ)優しい幽霊たちの遁走曲 (創元クライム・クラブ)
太田 忠司

東京創元社 2017-03-11
売り上げランキング : 609279

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。