2017_07
17
(Mon)18:02

【書名】 海から何かがやってくる 薬師寺涼子の怪奇事件簿
【著者】 田中芳樹
【イラスト】 垣野内成美
【装幀】 かとうみつひこ
【出版社】 祥伝社(ノン・ノベル)
【発売日】 2015年9月10日
【価格】 860円+税
【頁数】 234頁
【ジャンル】 警察、伝奇、アクション
【付録】 ミニ ピンナップポスター

【コメント】
薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズの最新作「海から何かがやってくる」。タイトル通り今回薬師寺涼子等が対峙するのは、海中からやってくる未知の生物です。世情や政治的な部分に対しての問題提起にページを割いた為なのか、本書では、キャラクター同士の関係が発展しそうな掛け合いは少なめでした。

【目次】

第一章 あこがれの南の島?
第二章 真珠島ってドコ?
第三章 責任者はダレ?
第四章 血税消費軍団って?
第五章 寿司のネタがいろいろ?
第六章 冬の夜の悪夢とは?
第七章 恐怖の最終兵器とは?
第八章 最後の恐怖?


薬師寺涼子の怪奇事件簿 海から何かがやってくる (ノン・ノベル)薬師寺涼子の怪奇事件簿 海から何かがやってくる (ノン・ノベル)
田中 芳樹 垣野内 成美

祥伝社 2015-09-01
売り上げランキング : 128158

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
2017_07
16
(Sun)17:03

【書名】 東京ナイトメア 薬師寺涼子の怪奇事件簿
【著者】 田中芳樹
【イラスト】 垣野内成美
【装幀】 鈴木安彦
【解説】 西澤保彦
【出版社】 講談社(講談社文庫)
【発売日】 2002年4月15日
【価格】 533円+税
【頁数】 296頁
【ジャンル】 警察、伝奇、アクション

【コメント】
“ドラよけお涼”(ドラキュラもよけて通るの略)と呼ばれ、敬遠されている美人警視薬師寺涼子27歳とその部下泉田準一郎警部補33歳の名コンビの活躍を描いた物語。今作「東京ナイトメア」は、薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズの第2作目。敵として有翼人などの神話上の生物がわんさか出てきます。また、アニメ化もされていて、DVDやドラマCDも発売されています。

【目次】

第一章 華麗すぎる結婚
第二章 災厄の国の女王
第三章 夜の翼
第四章 冷たい雨に閉ざされて
第五章 警察官僚と網タイツ
第六章 上を下への遁走曲
第七章 花嫁は魔女
第八章 椅子は口をきかない


東京ナイトメア 薬師寺涼子の怪奇事件簿 (講談社文庫)東京ナイトメア 薬師寺涼子の怪奇事件簿 (講談社文庫)
田中 芳樹

講談社 2002-04-16
売り上げランキング : 818652

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。