2017_07
17
(Mon)18:25

【書名】 ゆきうさぎのお品書き -8月花火と氷いちご-
【著者】 小湊悠貴
【イラスト】 イシヤマアズサ
【装幀】 AFTERGLOW
【出版社】 集英社(オレンジ文庫)
【発売日】 2016年7月25日
【価格】 550円+税
【頁数】 247頁
【ジャンル】 食べ物、料理、日常、家族
【概要】 文庫

【コメント】
ゆきうさぎのお品書きシリーズの第2作目、「8月花火と氷いちご」では、常連客の依頼を受けて料理をしたり、タマの友達の話や知弥子さんのエピソードがあったりとボリューム満点。派手さはありませんが、登場人物が少しずつ成長していく物語が好きな方にお薦め。

【目次】

序章 夏のはじめの店開き
第1話 2月と大樹もとろとろ角煮
第2話 4月の花見にさくら寿司
第3話 5月病にはメンチカツ
第4話 8月花火と氷いちご
終章 夏の終わりの店仕舞い


ゆきうさぎのお品書き 8月花火と氷いちご (集英社オレンジ文庫)ゆきうさぎのお品書き 8月花火と氷いちご (集英社オレンジ文庫)
小湊 悠貴 イシヤマ アズサ

集英社 2016-07-20
売り上げランキング : 51029

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2017_07
17
(Mon)18:18

【書名】 ゆきうさぎのお品書き -6時20分の肉じゃが-
【著者】 小湊悠貴
【イラスト】 イシヤマアズサ
【装幀】 AFTERGLOW
【出版社】 集英社(オレンジ文庫)
【発売日】 2016年2月24日
【価格】 570円+税
【頁数】 281頁
【ジャンル】 食べ物、料理、日常、家族
【概要】 文庫

【コメント】
今作「ゆきうさぎのお品書き -6時20分の肉じゃが-」は、祖母の営んでいた小料理屋「ゆきうさぎ」を引き継いで、再スタートさせた雪村大樹とひょんなことからその小料理屋でアルバイトをすることにした玉木碧(タマ)を中心にした読後感のほっこりした物語。登場する料理を食べたくなるというよりも、思わず自分で作りたくなる、そんな一冊でした。木田翔一さんによって漫画化もされています。

【目次】

序章 18時の店開き
第1話 6時20分の肉じゃが
第2話 9時55分の思い出プリン
第3話 14時5分のランチタイム
第4話 23時の愛情鍋
終章 深夜0時の店仕舞い


ゆきうさぎのお品書き 6時20分の肉じゃが (集英社オレンジ文庫)ゆきうさぎのお品書き 6時20分の肉じゃが (集英社オレンジ文庫)
小湊 悠貴 イシヤマアズサ

集英社 2016-02-19
売り上げランキング : 41786

Amazonで詳しく見る
by G-Tools