2017_08
19
(Sat)23:32

【書名】 いまさら翼といわれても
【著者】 米澤穂信
【装幀/写真】 岩郷重力+K.T /清水厚
【出版社】 角川書店
【発売日】 2016年11月30日
【価格】 1480円+税
【頁数】 304頁
【ジャンル】 ミステリ、推理、短篇集
【概要】 ハードカバー

【コメント】
今作「いまさら翼といわれても」は、米澤作品の内でも特に人気が高いであろう古典部シリーズの最新短篇集です。収録内容は、「文芸カドカワ」(2016年9月号、10月号)に掲載された2篇(「箱の中の欠落」「わたしたちの伝説の一冊」)に加え、「小説 野生時代」(2008年7月号、2012年8月号、2013年11月号、2016年1月号、2月号)掲載の4篇(「連峰は晴れているか」「鏡には映らない」「長い休日」「いまさら翼といわれても」)の全6篇。青春ミステリのほろ苦さと瑞々しさが8対2とハンバーグのタネみたいな割合で味わえます。読み終えてしまうのが、惜しい一冊です。

【目次】

箱の中の欠落
鏡には映らない
連峰は晴れているか
わたしたちの伝説の一冊
長い休日
いまさら翼といわれても


いまさら翼といわれてもいまさら翼といわれても
米澤 穂信

KADOKAWA 2016-11-30
売り上げランキング : 4386

Amazonで詳しく見る
by G-Tools